Hibeacon mini Example

人流ソリューション

人流ソリューションの図

セキュリティ/勤怠

セキュリティ/勤怠の図

ご提供可能なツール 有料

ご提供可能なツール 有料

応用事例 ~相談案件による~

商業・企業

  • スーパーマケット
  • 空港カート
  • プッシュ広告
  • 鍵の紛失対策
  • ドローン
  • クルーザーの停泊
  • 盗難対策
  • パーティーゲスト
  • 無線ナースコール

流通・製造・交通

  • 海運コンテナタグ
  • 造船部品管理
  • 鉄道の架線管理
  • 位置マーカー
  • 新車開発用センサー
  • 工事現場の車両と作業員
  • バスの通過

研究・統計

  • 牛の生殖行動
  • ロケット
  • 放牧牛
  • ハウスの管理
  • 他センサー内蔵型

Hibeacon Example

ドローンを使った捜索

・Class2のBluetoothでは10mなので上空からの捜索は難しい。

・スマホを搭載
     長所:GPS搭載で直接送信   短所:距離200m

・「ハイビーコンブリッジ」を搭載
     長所450mが可能     短所:スマホを経由

ドローンを使った捜索

交通機関による捜索

交通機関による捜索

ビル内のフロア捜索

GPSでは建物の特定のみで、多層階では他のフロアにはBluetooth電波が届き難く、フロアの限定が可能になる。
また、近距離のセンシングは得意。

ビル内のフロア捜索

施設のみまもりステーションとの連動

※みまもりステーションホームページ

   「みまもりステーション」の受信範囲から
出ると、自動的に通報がされ未然に徘徊を
防ぐ事ができ、負担が軽減される。

複数台の「みまもりステーション」を設置
すれば、「玄関から出た」「通用口から出た」
等が分かり、捜索を開始する方向を特定出来る。

既に離れてしまった場合は、無料捜索アプリ
で操作を行う。

施設のみまもりステーション との連動

警備員・迷子の位置確認

【会場】
・会場の大きさによりタブ
   レット台数を変える。
・WiFiあれば利用可能

【方法】
・3点以上で強度を計測
・サーバにて位置を特定

【性能】
・ハイビーコン
(Class1で200m)
・一般ビーコン
(Class2で10m)

警備員・迷子の位置確認

児童の所在管理

児童の所在管理

受信管理用タブレットまたはスマーホトフォンで
・電波を感知するとサーバへ情報を送る
・電波が切れるとサーバへ情報を送る

考えられる事項
・学校(塾)に1台?  教室毎に1台?  階毎に1台?
・実際の電波範囲は?  トイレは?  校庭は?
・体育の授業時は?

校内PCでサーバにアクセスし全生徒の
・登校や下校を管理
・帰宅を管理

入山管理と遭難捜索

・受信機は個人スマホを利用する
・同時に100台まで可能=巨大なアンテナ(サーバにより1,000台以上も可能)

入山管理と遭難捜索

【捜索準備】
1.捜索隊を編成
2.その場で捜索アプリをインストール
3.捜索コードを入力→サーバで登録

【捜索連携】
4.Hibeacon感知の有無を送信
5.サーバで分析し結果をGoogleマップとして返信

ページの先頭へ戻る

Copyright c INTERPRO Inc. All Rights Reserved.