発信間隔の変更について

電波発信の仕様

電波発信仕様は「 0.625ミリ秒の整数倍で20ミリ秒 〜 10.24秒」となり、最長で10.24秒間隔での設定になります。

注意点

Hibeaconは電池をセットしてから30秒間デフォルト発信間隔で動作します。

設定変更後、同様に30秒間はデフォルト値で動作します。
これは「長い発信間隔」を設定してしまい、設定変更する事ができなくなってしまう事を防ぐためです。

ロングインターバルモード

最大12時間間隔で発信の設定が行えます。
リアルタイム性の要求が低いシステムと相性がよく、高い省電力効果が得られます。
iBeacon規格との互換性を保っていますので既存の設備、ソフトウェア、ライブラリから受信可能です。

※Hibeacon(Newモデル)の独自機能になります。

active interval (発信間隔)

電波の発信中に、どのくらいの頻度で電波を出すかの設定になります。
例:1.28秒
最大値:10.24秒

active time (発信時間)

電波を発信する時間になります。
例:10秒
最大値:255秒(1秒単位で設定可能)

stop time (停止時間)

電波の発信を停止する時間になります。
例:1時間
最大値:12時間(1秒単位で設定可能)※最低10秒以上の値を推奨します。

上記の例の場合、「1時間毎10秒間1.28秒間隔の電波発信を行う。」となります。

ロングインターバルモード時の電池寿命について

ロングインターバルモードの場合、電波の発信時間が抑えられるため、非設定時にくらべて電池寿命が長くなります。

発信間隔
(active interval)
発信時間
(active time)
停止時間
(stop time)
ハイビーコンタフ(Newモデル)
電池:CR123A
ハイビーコンスリム(Newモデル)
ハイビーコンミニ(Newモデル)
電池:CR2032
1.28秒 60秒 12時間 約7年 約3.5年
1.28秒 10秒 60分間 約5年 約2.5年
1.28秒 3秒 1分間 約3年 約1.5年

ページの先頭へ戻る

Copyright c INTERPRO Inc. All Rights Reserved.